Main BACK >>
欧州代理人事務所 ~ドイツとイタリア、、

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

弊所でご依頼を受けた欧州特許出願(PCTでの欧州移行)では、
いつも「ドイツ」の代理人事務所にお願いをしていたのですが、、
ある件では諸事情があって、「イタリア」の代理人事務所にお願いをしました。

ドイツとイタリア、、

窓口が違うだけで同じ欧州特許出願のはずなのですが、
(やりとりは弊所の外国担当が英語でやる)、仕事のやりとりの感じがだいぶ違う印象、、。

イタリアとのやり取りに、ちょっと慣れないところもあったのですが、
先日この件も無事に「Intention to grant(特許可能の旨の通知)」がでました。。

良かった、、。あとは、欧州特許発行(ドイツ語とフランス語のクレーム翻訳、、)とバリデーション(欧州域内での有効化)、もう一息でしょうか、、。


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

● 酵素の分子進化情報をAI解析することで酵素機能をデザイン
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20221103/index.html
大阪大学 大学院情報科学研究科の研究グループの発表。
データベース上の酵素のアミノ酸配列を人工知能(AI)により解析することより、酵素の分子認識能力を司るアミノ酸残基を高い精度で可視化することに成功したとのこと。
当該技術は、基質特異性の発現に関わるアミノ酸残基の寄与度をアミノ酸残基レベルで数値表現でき、タンパク質工学等で基質特異性改変に応用可能とのことです。


● 紙の100倍以上の高熱伝導性を持つ木質バイオマス素材
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20221026/index.html
木質バイオマスから得られるナノセルロースファイバーを、流体プロセスにて分子を配向させながら酸固化糸材を形成させることで、従来の紙などの100倍以上の高熱伝導性を示すとの発表です。
東京大学、東京都立産業技術高等専門学校、スウェーデン王立工科大学からの報告です。
木質バイオマスは、従来は断熱材などに用いられてきましたが、今後は放熱性能を要求される高分子材料の代替材としての応用が期待されるとのことです。



(上記は、2022年11月時点での情報を基にした文章です。将来の制度変更等にはご留意いただけますと幸いです。)


(Written by 田邉陽一)



 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

特許 : 11:57 : comments (x) : trackback (x)
「ゆるキャラ」の出願

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、ある公益法人様から商標出願のご依頼がきて、
国内での商標登録出願をしました。

この件、、その法人様のマスコットの「ゆるキャラの図案」の出願、、、

ちょっとだけ似た感じの先行登録のキャラ(しかも、指定商品役務が一部被る、、)
があるのが気にはなっていたのですが、、

幸いなことに、出願からわずか「4ヶ月」で登録査定がきました!


今回の特許庁の審査では、キャラの図案に関して、
両者の相違部分の類否認定を細かく見てくれたようです。。

ご担当様とは、少し前に書面のやり取りをしたばかりだったので、
とても喜んでいらっしゃいました。

とにかく、無事に登録査定がでて良かった、、。



------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

● 高分子鎖の新しい吸着機構の発見
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20221013/index.html
九州大学、静岡大学、JST、NEDOが、高分子鎖の新しい吸着機構を報告しました。長さの異なるDNAの固体材料上への吸着過程を解析したところ、分子鎖が長くなると、複数分子が隣り合って協同的に吸着し、吸着層形成を促進することです。また、吸着層に用いる高分子の鎖長を変えることで、高分子系複合材料の強靭化を実現することに成功したとのことです。
高分子複合素材の強度増加に繋がる知見で、様々な分野での応用が期待できそうでしょうか。


● 雷雲のガンマ線イメージング
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220929/index.html
早稲田大学と理化学研究所らと共同チームは、ガンマ線を可視化することができる高感度のコンプトンカメラを開発し、雷雲から生ずるガンマ線の「直接のイメージング」に成功したとのことです。雷雲の中で起こる電子の加速や放射の理解が大幅に進むと期待されるとのことです。
日本海側で物凄く巨大な雷雲が発生するという番組を以前に観たことがあったので、興味を持ちました。


(上記は、2022年10月時点での情報を基にした文章です。将来の制度変更等にはご留意いただけますと幸いです。)



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

商標 : 15:44 : comments (x) : trackback (x)
米国商標 具体的な商品や使用を想定した出願方針が必要、、

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

最近、「米国商標」に関する手続が続きました。
米国での商標制度、日本や他の外国での商標出願と比較してやや独特な部分があり、私の視点で少し気づいたことを記載しました。。


・「商品・役務」の記載に関して、包括表示や広い記載が認められず、個別内容を具体的に記載することが求められます。
(この英語表記の文言ですが、案件(審査官)ごとで不明確性を指摘する基準が微妙に違うとも見受けられるような、、。)

・米国出願では、「使用に関する宣誓書とその証拠」が必要です。
「米国で使用中」の商標を出願する場合は、出願時にこれらを提出します。(使用意思に基づく出願の場合は登録後に提出、、)。
なお、マドプロ経由の出願の場合は、米国での登録から5~6年の期間に提出します。

・使用証拠(specimen:製品等にそのマーク等を付していることを示す写真、webページ、資料等)は、出願商標との「厳密な一致」が求められます。
現時点で準備できるSpecimenに色彩バリエーション等であったりすると、悩ましい決断をせざるを得ない場合があります。

・出願商標を「白黒版」にして色彩主張をしない出願とし、現時点のSpecimenを提出する案もありかもしれません。


余談ですが、米国商標出願に関する米国特許庁の審査官が書いたオフィスアクションの文章、英語圏なのに誤記やスペルミスを意外に見かけます、。これで良いのか、、。



------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

●光に対して安定なのに、光で分解できる材料
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220818/index.html
東京大学とJSTによる報告で、光に対する安定性と分解性を両立させた新しい材料に関する報告です。
詳しくは、新しい分解方法として、光と酸がそろった時のみ分解可能な高分子材料を開発することで、光に対して安定でありながらも、酸の存在下で光分解できる材料を実現したとのことです。


●15分程度で自己修復するエラストマー
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220725/index.html
岐阜大学のグループが、新しいタイプのエラストマーを開発したとの報告です。
粘着性の高いポリマーに撥水・撥油性のフッ素成分を結合することで、表面はサラッとしているが、損傷部分が素早く接合して自己修復するエラストマーを実現したとのことです。
このエラストマーは、容易に合成可能であることから、電気製品や雑貨のコーティング材料などへの実用化が期待されるとのことです。




(上記は、2022年8月時点での情報を基にした文章です。将来の制度変更等にはご留意ください。)




(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

商標 : 11:34 : comments (x) : trackback (x)
中国特許 年金管理

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

特許の年金管理では、納付期限までに次の年度の維持年金を納付する必要があります。

日本での特許年金の納付手続では、「次年度分の単年分」又は「次年度以降の複数年分」を納付することで、特許権を維持することが可能となります。この点、日本の特許権は一度の納付手続で複数年を維持することが可能となります。

一方、中国での特許年金の納付手続でも(現地代理人に確認した情報では)、「次の年度以降の納付分」をそれより前の年に納付すること(複数年納付)が可能とのことですが、もし将来「維持年金の値上げ」があった場合、その変更が適用された年以降の維持年金が「納付料不足」となり、権利消滅してしまうリスクがあるとのことです。

中国特許の維持年金では、手続上では複数年分の納付が可能のようですが、実務上は「単年度ごとの納付及び管理」を行うことが望ましいように考えられます。。


(上記は、2022年7月時点での情報を基にした文章です。将来の制度変更にはご留意下さい。)



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

特許 : 11:43 : comments (x) : trackback (x)
台湾特許庁からの通知

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

受任中の台湾特許出願の案件で、台湾特許庁(台湾智慧財産局)から審査意見通知(日本特許庁の拒絶理由通知に対応する書面)が送付されてきたのですが、、

その通知の日付、「中華民国111年**月**日」と表示されていて、
「えっと、つまり何年、、?」と、一瞬考えてしまいました。。

中国や韓国からの通知では普通に「西暦表示」だった、、と思いながら、
台湾の通知を見ていたところ、左下に「2022年**月**日」の表示がありました。。良かった。。

(というか、どっちみち審査内容の検討は、日本語の翻訳文を基に行うのですが、、。)


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

●特許庁:予納制度の変更
https://www.jpo.go.jp/system/process/tesuryo/yonou_oshirase.html
特許庁での特許印紙による従来の予納が廃止されることに伴い、今後、「インターネット出願ソフトを利用した予納」(電子現金による予納)が開始されるとのことです。
予納制度に代わって最近推奨されている納付手段として、「クレジットカード納付」がありますが、納付手段の多様化が維持されることは、手続の安全上好ましいように思いました。


●特許庁:遺伝子配列表 新様式「ST.26」への変更
https://www.jpo.go.jp/system/patent/shutugan/bio/gene/enki_amino_wipo.html
特許出願の内容に遺伝子配列やアミノ酸配列が含まれる場合、特許出願に遺伝子配列表を含める必要があるのですが、2022年7月 1日に、PCT規則及びPCT実施細則の改正が発効されたことに伴い、日本特許庁でも配列表の様式が、従来のST.25から新様式のST.26に変更されました。
「ST.26」では、XML形式での出力となったことと、配列アノテーションで必要な入力情報が変わるとのことで(あと、配列表記に関するいくつかの変更あり)、配列作成ソフトも変更されました。
配列系のバイオインフォマソフトは、自分が研究をしていた頃良くいじっていたので、早速ダウンロードして試したところ感覚的に理解できましたが、時間をみつけてもう少し読み込んでみたいと思いました。


●天然ガスから有用化学品の合成時における二酸化炭素の低減技術
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220523-2/index.html
東京大学とJSTによる高性能・高耐久な鉄酸化物サブナノクラスター触媒に関する報告で、分子状鉄-タングステン酸化物を用いることで、世界で初めて600度で長時間安定な鉄酸化物サブナノクラスター触媒の開発に成功したとのことです。
当該触媒を用いた場合、メタンからホルムアルデヒド・一酸化炭素への転換を従来の鉄酸化物触媒を超えて達成され、発生する二酸化炭素量の低減が可能になるとのことです。


●自動運転車の安全性に数学的証明を与える新手法
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220707-3/index.html
情報・システム研究機構 国立情報学研究所とJSTの研究チームの成果とのことです。自動運転の安全性に関して安全性の数学的証明を可能としたとの報告です。
私は数学は専門ではありませんが、その成果と社会実装等への影響に興味を持ちました。



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

特許 : 14:58 : comments (x) : trackback (x)
米国商標 使用宣誓書

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、5年前に登録になったマドプロ国際登録経由の米国商標登録について、米国特許庁への「使用宣誓書」(及び証明証拠)の提出を行いました。

このマドプロの件では、他にも欧州、英国、中国等も指定国だったのですが、他の国と比較して、「米国でのみ」商品の範囲が大幅に限定(具体的過ぎるくらいに限定、、)させられた状態で登録が認められました。

商標の保護に関しては、米国では「使っている商標」(※ある程度の使用予定を含む)を保護しようという考え方が強く現れている、と感じながら仕事をしていました。

、、ここのところ、特許でも外国出願の審査対応が良くくるので、現地代理人との意思疎通をしっかりやりつつ、頑張りたいと思います。。


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!


●特許庁: 遺伝子関連発明に関する配列表に関する様式変更
https://www.jpo.go.jp/system/patent/shutugan/bio/gene/enki_amino_wipo.html
塩基基配列又はアミノ酸配列を明細書等に含む特許出願では、「配列表」の提出を求められていますが、令和4年7月1日以後にする出願においては、新たに策定された「WIPO標準ST.26」に準拠した配列表の提出が必要となります。
実務上、配列表の作成手法(ソフト等)が変わりますので、情報を追っておきたいと思います。


●新型コロナウイルスの不活化を実現する卓上型エアカーテン装置
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220518/index.html
新型コロナウイルスの不活性化を実現とする卓上型エアカーテン装置に関する報告です。
呼気に含まれるエアロゾル粒子を遮断できるエアカーテン気流を生成し、またエアカーテン気流に深紫外線LEDを照射してウイルスを不活化することを可能とする装置とのことです。


●海洋生物の接着メカニズムを接着剤に応用
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220413/index.html
海洋生物の接着メカニズムからヒントを得て、接着強度10メガパスカルを超える水中接着剤の開発に成功したとのことです。東京大学、AMED、JSTの発表です。
本接着剤は「湿潤環境下」において高い接着強度を発揮でき、「手術用の接着剤」などへの応用が期待されるとのことです。生物応用技術(バイオミメティクス)の良い一例と思いました。



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

日々のこと : 11:01 : comments (x) : trackback (x)
色々変わってきますね、、

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

最近、事務所のネット環境がなんとなく遅いように感じていたので、
良い機会と思ってルーターを入れ替えたところ、通信速度が以前より早くなりました。
複合機やネットワークの設定が面倒でしたが、変えて良かったです。。

そういえば先日、特許庁の審査官の方とのやりとりで、
メールで直接に意見書を送付して、
わずか数日で特許性の見解を頂戴することができた件がありました。
(以前は、FAXを介して行っていたような、、。)

コロナ対応にも慣れてきた感がありますが、
社会全体の変化、肌で感じます。



------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!


●特許庁: 令和4年4月1日に施行となった新制度等
https://www.jpo.go.jp/
以前からお知らせがありましたが、特許庁の手続に関して、新年度(R4/4/1)より下記の変更がありました。特に料金変更とマルチマルチクレームに留意でしょうか。
 ・特許法等改正に伴う料金改定
 ・国際出願関係手数料改定
 ・特許庁出願窓口でのクレジットカード納付可能
 ・マルチマルチクレームの制限


●理論限界近くまで伸びるゲル
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220407/index.html
東京大学とJSTは、理論限界近くまで伸びるゲルを発表しました。
通常、ゲルを構成する高分子の網目は通常4方向に枝分かれする4分岐構造とのことですが、分岐数を減らす「引き算の構造設計」により3分岐構造のゲルを作製することで、30倍以上伸ばしても破断しない強靱性を示すゲルの開発に成功したとのことです。
強度不足によりこれまで不可能であった分野での社会実装に期待されるようです。。


●WIPO「世界知的財産の日」
https://www.wipo.int/meetings/ja/2022/wjo_ipday.html
WIPO日本事務所は、講演やパネルディスカッション等を通じて、より良い未来に向けた知財の役割について理解を深めることができる、記念オンラインイベントを開催するとのことです。
そういえば、このリストにあった著作物の違法アップロードを注意喚起する「あげる君」、先月に娘と見に行った子供用のアニメの冒頭で流れていました。。


(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

日々のこと : 18:09 : comments (x) : trackback (x)
春が近づく、

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

3月になってだんだん寒さが和らいできて、空気に春の予感がでてきました。自然観察や釣り(冬でも魚種によっては釣れますが、寒く、、)に行きやすい季節になります。

ここのところ、ウクライナの情勢にくぎ付けで、起こっている現実に胸が痛みます。
21世紀になったこの時代になって、このような軍事侵攻が現実に起こっていることに衝撃を受けています。

一日も早く戦争が終わり、ウクライナの人々が安心して暮らせる時が訪れますことをお祈ります。。


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

●東京都農林総合研究センターのオンライン成果発表
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2022/03/02/14.html
東京都農林総合研究センターが、研究成果発表会をオンラインで開催します。3月14日~3月31日までとのことです。
ブバルディアの八重品種、挿し木を利用した環境管理システム、農作業管理アプリ等に関する発表があるようです。
別紙を見ますと、他にもブルーベリーやシクラメン等に関する内容があるようです。


●マルチ×マルチクレームについて(特許庁)
https://www.jpo.go.jp/system/patent/shinsa/letter/multimultichecker.html
特許法施行規則及び実用新案法施行規則の一部を改正する省令により、請求の範囲に記載する請求項の引用形式に関する規定が変更されます。
多数項引用形式の請求項(マルチクレーム)を記載する場合、その引用元の請求項に多数項引用形式の請求項(マルチクレーム)を含んではならないという規則です。
米国や中国等の外国の特許庁では以前からこの形式が採用されていましたが、日本特許庁でもこの形式が採用されることになり、令和4年4月1日以降の特許出願及び実用新案登録出願から適用されるとのことです。


●副作用のない光がん治療法
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220217-2/index.html
岡山大学とJSTは、光で狙った細胞を死滅させる新しいがん治療法を発表しました。
細胞をアルカリ化する光感受性タンパク質を用いて光で狙った細胞を死滅させる技術とのことで、周りの正常な細胞には毒性を与えず、がん細胞を選択的に死滅させる「副作用のない光がん治療法」の開発につながると期待されるとのことです。


●第6番目の指
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220214/index.html
電気通信大学、フランス国立科学研究センター(CNRS)及び科学技術振興機構(JST)は、独立制御可能な「第6の指」を身体化することに成功したとの報告です。
人間の手に装着して、他の身体部位と独立に動かせる人工指(第6番目の指)を他の身体の部分と独立して動かすことに成功したとのことです。
脳の方でも5本指以上の第6番目の指(拡張された人工装着物)に慣れていき、自分の指とは別に「拡張して認知」するようになるようです。
昔のアニメで、脳波に接続した無線を介して多数の無人機を遠隔操作するロボットアニメがあったことを思い出しました。



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

日々のこと : 15:24 : comments (x) : trackback (x)
クッキー、、

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、お客様からクッキー缶を頂きました。私はこのような洋菓子が大好きなのでコーヒーと一緒に楽しもうと自宅に持って帰ったところ、娘(小学生)が目聡く「これ何、何!!」と見つけて、缶ごと抱えて目を輝かせて中を眺めていました。(そして、数日で中身が、、)  
帰宅後の玄関での検閲を抜けるのは難しいかもです。。

それにしても、コロナ、早く収束することを願います。


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

●不織布マスクで新型コロナウイルスの可視化
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220210-2/index.html
京都府立大学の研究グループの成果で、ダチョウ抗体担持マスクで、呼気からのSARS-CoV-2(新型コロナウイルス)の可視化に成功したことです。
不織布との結合方法や抗体の選定等に工夫がされているとのことで、またここで用いられたダチョウ抗体は、変異株にも効果的に結合できることが期待されるようです。
新たなウイルス関連製品の技術となることが期待されます。


●世界知的財産の日
https://www.wipo.int/ip-outreach/ja/ipday/index.html
少し先ですが、2022年4月26日は、WIPO(世界知的所有権機関)が主催する「世界知的財産の日」とのことです。
知的財産 (IP) 権を活用して、若い発明家やクリエイターたちが、より良い未来のためのイノベーションをもたらす可能性について、意見交換が行われるとのことです。
また、このような若者の推薦も募集しているとのことです。


●ダウン症モデルラットの作製
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220125/index.html
鳥取大学およびJSTは、独自の染色体工学技術を用いてダウン症の発症に関わるヒト21番染色体をラットに導入することによりダウン症モデルラットの作製に成功し、これまでにモデルマウスでは観察されていなかった小脳小葉の分岐形成過程に障害があることを明らかにしたとのことです。
ダウン症の脳病態のメカニズム解明が期待されるようです。




(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

日々のこと : 17:51 : comments (x) : trackback (x)
2022年 ごあいさつ

こんにちは、パーチェ特許事務所の弁理士 田邉陽一です。

ここのところ、あまりに多くの出願の審査対応に追われて日々を過ごしていたところ、事務所のホームページがほぼ放置状態となっていたことに気づきました。

これはいけない、初心を忘れてはいけないと思い至りました。。

2022年も仕事始めになりましたので、心を新たにして更新も心掛けて参りたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!


------------------------------
最近、知財・科学関係で気になった話題です!

●マドプロ商標出願:国際商標登録出願の登録時のデジタル化
https://www.jpo.go.jp/system/laws/rule/hokaisei/tokkyo/tokkyohoutou_kaiei_r030521.html

令和3年特許法等の一部を改正する法律によって、国際商標登録出願(マドプロ経由の外内商標出願)が登録査定になった際の手続や通知送付等が簡素化されるとのことです。

具体的には、i)登録証のデジタル化送付(※これまでは紙での登録証送付)、ii)個別手数料の出願時1段階納付(※これまでは出願時と登録時の2段階納付)、と変更されるようです。

ただ、これは登録時の変更で、出願段階の指定官庁(日本特許庁)への手続がデジタル化されるわけではないようです。

昨年、当事務所でも米国事務所からこのケースの中途受任の依頼があったのですが、委任状だけでなく補正書と意見書を含めて全てが「紙」ベースでの対応だったのでなんだか新鮮でした。

(この受任案件は、拒絶対応を行って登録査定となりました!)


●特許庁J-Plat-Pat:再公表特許の廃止
https://www.jpo.go.jp/support/j_platpat/haishi_202201.html

日本語でなされたPCT出願が日本へ国内移行された場合、WIPOでの国際公開とは別途に、特許庁J-Plat-Patから再公表特許として(形式的には公報に見えますが厳密には特許公報ではない、、)公開されていました。

令和4年1月からこれが廃止されるとのことです。

先行特許調査等を行う場合、有料データベースを使えば国際公開の検索も比較的容易と思いますが、J-Plat-Patでは特許公報(特許成立した後に発行される公報)が発行されるまで検索できなくなるのでしょうか。
ちょっと残念?


●塩の結晶の角が分数電荷を持つことを理論的に解明
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220105/index.html

東京大学と科学技術振興機構(JST)の研究成果で、身近な結晶に潜むトポロジカルな性質を発見したとのことです。

今回の発見は、塩化ナトリウムに限らず他のイオン結晶も同様に、角や表面に局在した電荷を持つことを示唆するため、産業・工業的応用上のさまざまな場面におけるインパクトが期待されるとのことです。


●「富岳」を用いた1万超の原子を含むナノ物質の超高速光応答シミレーションに成功
https://www.jst.go.jp/pr/announce/20220106-2/index.html

筑波大学、神戸大学及び科学技術振興機構(JST)の研究成果で、約6ナノメートルの厚さを持つ酸化ケイ素ガラスの薄膜と高強度なパルス光の非線形光応答を調べることに成功したとの報告です。

光科学現象は私の専門外なので深くは分からないのですが、シミレーション計算の応用可能性の広さを感じました。




(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/



にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村

日々のこと : 10:15 : comments (x) : trackback (x)
プロフィール



弁理士・博士(理学)の
田邉陽一です。
生命科学分野の研究者だった
経験を活かし、
研究開発現場の皆さまと
研究の喜び・苦労を
分かち合いながら
ひとつひとつの特許明細書を
心を込めて仕上げて
いきたいと思います。


パーチェ特許知財事務所
ウェブサイト
↓↓↓
http://www.pace-ipl.com

CALENDAR
S M T W T F S
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    
<<  2022 - 11  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
SEARCH BOX