<< NEXT Main
「パテント誌」、科学知財の話題

こんにちは、パーチェ特許事務所 の弁理士 田邉陽一です。

大好きな夏の連休が終わってしまいましたが、
仕事合間に久しぶりに遠出をすることができました。
リフレッシュした気分になりましたので、
このまま残暑を乗り切れるようがんばりたいと思います!

ところで先日、以前に同じ研究チームだった同僚から
月刊パテント誌の別刷原稿を頂戴しました。
その方は私と一緒に実験をしていた方なのですが、
弁理士として事例発表をされていて、
びっくりと同時に懐かしい気持ちになる出来事でした。


--------------------------------
さて、今回も「科学・知財」に関して印象に残った話題を発信します。
もしご興味がある話題がありましたらリンク元の記事等をご覧いただけますと幸いです。


●「害虫防除:食べたエサに起因する嗜好性」
http://www.naro.affrc.go.jp/publicity_report/press/laboratory/narc/064664.html
果樹害虫であるゴマダラカミキリのお話です。
ミカン枝を食べたメスに対して、オスが逃避行動をとるとのことです。
「果樹栽培圃場にける害虫防除技術」として利用できる発見とのことです。
ちなみに私は自宅でトラフカミキリを飼育しているので、純粋に昆虫生態の観点で面白く感じました。


●「環境DNA」分析法
http://mainichi.jp/articles/20160728/ddm/016/040/009000c
環境試料である「水」から特異的DNA配列の検出により生息種を推定する
方法とのことです。
定性的な調査だけでなくRT-PCRによる定量化で生物量の推定等も
可能のようです。
応用によって水系環境以外にも面白い調査ができそうに思いました。


●「オレオ、リッツ」
http://diamond.jp/articles/-/87047
山崎製パンの「オレオ」や「リッツ」の製造販売が8月を以て終了するとの
ことです。
9月からはライセンス元であった米国モンデリーズ・インターナショナルの
日本支社が同ブランド製品の製造販売を行うことになるようです。


●「ノンアルビール特許訴訟:和解」
http://www.sankeibiz.jp/business/news/160721/bsc1607210500010-n1.htm
サントリー側が控訴審を取下げ、アサヒ側が無効審判を取り下げるとのことです。
訴訟の第一審ではアサヒ側の無効の抗弁が認められていましたが、特許権はこのまま存続になるようです。


●「特許異議申立て」
http://www.jpo.go.jp/seido/shinpan/igi_moushitate_1000ken.htm
特許庁への特許異議の申立ての件数が、2015年4月1日の制度から累計で
1000件を超えたとのことです。
ファーストアクションでの取消理由の通知率は約7割と結構高いようです。


●「学習能力:空腹なほど」
http://mainichi.jp/articles/20160804/k00/00m/040/070000c
空腹時の方が満腹時よりも学習能力が向上するとの報告です。
ショウジョウバエでの実験とのことですので、哺乳類のデータに期待です。


●「熱を流すだけで磁石に」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160726/index.html
熱を流すだけで、磁石ではない金属が磁石に変わる現象が観測されたとのことです。
電子の自転「スピン」を使った技術として磁化測定法等への利用が期待できるようです。


●「人の鼻の中にいる細菌から新種の抗生物質」
http://www9.nhk.or.jp/kabun-blog/200/250053.html
人の鼻の中にいる細菌から新種の抗生物質を発見されたとの報告です。
土壌中の微生物からでなく「人体」からの細菌での発見とのことで興味深いようです。


●「カタツムリの仲間」
http://mainichi.jp/articles/20160721/ddm/016/040/027000c
外敵から身を守りつつ安全に呼吸をするために、殻の構造を変化させているとのことです。
生物の生存戦略では柔軟な変化が鍵なのかもしれませんね。




(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/





にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村


知財全般 : 20:04 : comments (x) : trackback (x)
「外内案件」、科学知財の話題

こんにちは、パーチェ特許知財事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、US案件をお願いしている米国の法律事務所から、
米国からのPCT出願の日本移行の代理人依頼がありました。
海外向けHP等の営業活動は特にしていなかったのですが、
バイオ分野での「外内案件」の依頼でした。
日常業務で良い英語で丁寧に対応している外国担当の小さな積み重ねが
実を結んだようで、嬉しい感じです。

--------------------------------
さて、今回も「科学・知財」に関して印象に残った話題を発信いたしますので、
もしご興味がある話題がありましたらリンク元の記事等をご覧いただけますと幸いです。


●特許行政年次報告書2016年版
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toushin/nenji/nenpou2016_index.htm
特許庁から発行の資料で、直近の統計情報等を基に
知的財産制度を取り巻く現状と方向性の報告です。
ここでの統計データは各方面の資料で良くお見かけします。


●「好きな形に切れるディスプレイ」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160713/index.html
ハサミで好きな形に切れる新しいディスプレイ素材とのことです。
応用範囲が広範で様々な可能性を感じる面白い技術のようです。


●「光応答性:接着材」
http://www.jst.go.jp/pr/info/info1195/index.html
高温でも使えて光で剥がせる接着材料に関する成果報告です。
自己凝集力の強く紫外光を含む光照射にて液化する光応答性分子を接着素材として使用したとのことです。


●「アンモニア」
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20160719-2/index.html
アンモニアから燃料電池自動車用水素燃料を製造するシステム技術を確立したとの報告です。


●「ゲノム編集:免疫不全サル」
http://mainichi.jp/articles/20160701/ddm/012/040/043000c
小型サルのマーモセットの遺伝子を「ゲノム編集」により改変し、免疫不全にすることに
成功したとの報告です。ヒトに近い動物になってきて、だんだん倫理的な議論が必要かもしれません。


●「イソジンのキャラクター」
http://www.asahi.com/articles/ASJ764VPYJ76ULFA00W.html
ムンディファーマ社の「イソジン」の新キャラクターは「犬の家族」とのことです。
この事案に関連する話題ですが、明治側の「カバくん」の商標登録出願が最近にされたようです。


●「特許情報分析:支援事業」
http://ip-bunseki.go.jp/index.html
中小企業様向けの支援事業です。
公募及び採択により先行技術調査やパテントマップ等による情報分析支援が受けられるとのことです。


●「特許庁:子供見学デー」
http://www.jpo.go.jp/torikumi/hiroba/h28kodomo_kengaku.htm
7月27日及び28日に、特許庁が主催の「夏休み子ども見学デー」が開催されるとのお知らせです。
今年の特許庁はいつもと一味違うそうです。
ところで、真夏の日の外出途中に「ガリガリ君」を食べると、小学生に戻ったような幸せな気分になるのは私だけでしょうか。



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/





にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村


知財全般 : 21:49 : comments (x) : trackback (x)
「進路相談」、科学知財の話題(113番目など)

こんにちは、パーチェ特許知財事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、理系の大学院志望の大学生の方から
進路のご相談を受ける機会がありました。
ちょうど1年前にも出身大学の教官から
「理系キャリア教育」の協力のお話しがあったので、
その時の経験を踏まえてお話しをさせて頂きました。

日々の業務の忙しさであっという間に時間が過ぎ去っていきますが、
私にとっても貴重な経験に感じました。


--------------------------------

さて、今回も「科学・知財」に関して印象に残った話題を
発信いたしますので、もしご興味がある話題がありましたら
リンク元の記事等をご覧いただけますと幸いです。


●「重力波検出:2回目」
http://mainichi.jp/articles/20160616/dde/041/040/041000c
今年2月の初観測に続いて、米国の2台の重力波望遠鏡「LIGO」が
2回目の重力波検出に成功したとのことです。
今回もブラックホール合体が発生源だそうです。日本の「KAGURA」にも期待です。


●「原子番号113番」
http://mainichi.jp/articles/20160609/ddm/001/040/192000c
IUPACは、理化学研究所が合成した原子番号113番の新元素を
「ニホニウム」と発表しました。
理研のラボにいた時に113番目付近が強調されている
周期表ポスターらしきもの(記憶では、、)を見たのを思い出しました。
時期的に見て初合成に成功して少し経った頃と思います。


●「腸内フローラ」
http://mainichi.jp/articles/20160618/dde/041/040/020000c
統計結果に関する報告で、うつ病患者ではビフィズス菌など善玉菌の数が
腸内に少ないとのことです。「統計的相関」を捉えた結果と思いますので、
今後の因果関係及びメカニズム解明にも期待です。


●「最小の人類」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG08H7C_Y6A600C1CR8000/
フローレス原人の話題です。
「70万年前」の出現が確認されたということですので、
島嶼隔離作用によりドワーフ化した固有集団に分岐したのでしょうか。


●「キャッチフレーズ」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDF24H03_U6A320C1MM0000/
今年の4月から商標法の審査基準が改定され、
「キャッチフレーズ」にも識別力が認められる可能性がでて参りました。
商標法3条1項6号の識別力については、全体の観念や取引の実情等によって
判断されることになるようです。


●「知的財産権制度説明会」
https://www.jpo.go.jp/torikumi/ibento/ibento2/h28_beginner.htm
特許庁主催の初心者向けの制度説明会が開催されます。
実務者向けは例年9~12月に集中して開催されています。


●「弁理士の日」
http://www.jpaa.or.jp/?cat=22
7月1日は「弁理士の日」です。
明治時代に特許代理業者登録規則が施行された日とのことです。
少し前の話ですが、知人に「Tさんは確か行政書士、いや代理士(だいりし)でしたよね?」と聞かれました。
一般の方にも弁理士を知ってもらえますよう、私も地道に
がんばっていきたいと思います。




(Written by 田邉陽一)



 http://www.photo-ac.com/





にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村


知財全般 : 23:33 : comments (x) : trackback (x)
「企画製品」、科学知財の話題(藤沢市と商標権など)

こんにちは、パーチェ特許知財事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、綺麗に包装された高級果実を頂戴しました。
送り主は一昨年から昨年にかけて商標登録を依頼されたお客さまで、
センス良くデザインパッケージ化された化粧箱に、
女性が好きそうなかわいい形状の果実が入っていました。

ご相談の商標に関する企画製品が完成して販売を開始したので、
わざわざお送り頂いたとのことで、お心を嬉しく感じる瞬間でした。


--------------------------------
さて、今回も「科学・知財」に関して印象に残った話題を
発信いたしますので、もしご興味がある話題がありましたら
リンク元の記事等をご覧いただけますと幸いです。


●「出願動向:科学技術重点分野」
http://www.jpo.go.jp/shiryou/toukei/green_life_gaiyou.htm#kaisetu
グリーンイノベーション及びライフイノベーション分野に関する
日米欧中韓の直近10年の出願動向を公報発行数で捉えた推移です。
主要国全体で見ると増加傾向ですが2014年で減少しています。


●「外国出願補助」
http://www.jpo.go.jp/sesaku/shien_gaikokusyutugan.htm
平成28年度中小企業等外国出願支援事業のお知らせです。
JETRO又は各県支援センターで実施しています。


●「機能性表示食品」
https://bio.nikkeibp.co.jp/article/news/20150522/185043/
消費者庁は、機能性表示食品の届出書受理の公表を段階的に行っています。
機能性表示食品の制度は平成28年4月から導入された制度で、
各事業者の責任において安全性及び機能に関する科学的根拠を
消費者庁に登録して表示する制度です。


●「インフルエンザウイルス変異を予測」
http://mainichi.jp/articles/20160524/ddm/012/040/046000c
ウイルスの人工合成技術を応用して、
インフルエンザウイルスの変異を予測する手法が開発されたとのことです。
ネイチャー・マイクロバイオロジー誌(電子版)掲載論文です。


●「ヒッグス粒子」を超える新粒子の可能性
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO02169510R10C16A5000000/
スイス・ジュネーブにある「LHC」で、ヒッグス粒子の約6倍の質量を持つ
未知の新粒子の存在が示唆されているそうです。
存在が確認されれば、素粒子標準理論の見直しになる発見とのことです。


●「他人による先取り商標」
http://www.jpo.go.jp/tetuzuki/t_shouhyou/shutsugan/tanin_shutsugan.htm
特許庁から、他人による先取り商標登録出願が多い旨のお知らせです。
このような悪意の出願の場合は拒絶理由に該当する場合が多いので、
本来の名称使用者は出願等を断念しないよう注意喚起がされていました。


●「藤沢市と商標権」
http://www.kanaloco.jp/article/175906
藤沢市が市の事業で「ボクササイズ」の名称を無断使用したとして、
都内の商標権者に損害賠償を支払ったとのことです。
珍しく地元の藤沢市の話題でした。それにしても「ボクササイズ」は登録商標だったのですね。



(Written by 田邉陽一)



 http://www.photo-ac.com/





にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村


知財全般 : 22:10 : comments (x) : trackback (x)
セミナーのご依頼 ~特許制度等の説明~

こんにちは、パーチェ特許知財事務所の弁理士 田邉陽一です。

先日、クライアントさんの会議で、
特許制度や知財活動の一般的な内容を説明する依頼を受けました。

セミナー系の依頼は初めてだったのですが、
昔にゼミ発表とかは結構やっていたので、
どうすれば興味を持って聴いてくださるかと
考えながら準備をしているうちに、だんだん話の構成がまとまりました。

終わった後、「分かり易かったです。」と声をかけていただき、
(、、更に飲みにも連れて行ってもらい)
他の案件との関係で大忙しでしたが、とても良い経験になりました。


呼んでいただいた皆さまに感謝です。



(Written by 田邉陽一)


 http://www.photo-ac.com/





にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村


知財全般 : 11:26 : comments (x) : trackback (x)
プロフィール



弁理士・博士(理学)の
田邉陽一です。
生命科学分野の研究者だった
経験を活かし、
研究開発現場の皆さまと
研究の喜び・苦労を
分かち合いながら
ひとつひとつの特許明細書を
心を込めて仕上げて
いきたいと思います。


パーチェ特許知財事務所
ウェブサイト
↓↓↓
http://www.pace-ipl.com

CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28     
<<  2023 - 02  >>
NEW ENTRIES
CATEGORIES
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ブログンサポート
SEARCH BOX